資本会計 : 資本会計の理論

丹波康太郎 著

[目次]

  • 目次
  • 第一編 総論--資本会計の基本的課題および領域 / p3
  • 第一章 資本会計の重要性 / p5
  • 第二章 会計上の資本および利益の基本的性格--資本取引と損益取引の区別の原則的基準-- / p13
  • 第三章 株主持分(広義の資本)における二つの基本的範疇--醸出資本および資本修正(狭義の資本)と留保利益-- / p29
  • 第四章 資本(狭義)と留保利益の区別の継続的保持--拡張された意味における「資本と損益の区別」-- / p49
  • 第五章 資本会計の領域 / p69
  • 第二編 各論資本会計の具体的問題点 / p75
  • 第一章 払込資本 / p76
  • 第一節 総説 / p76
  • 第二節 資本金の計理 / p84
  • (一) 資本金の性格 / p84
  • (二) 資本金計上金額 / p88
  • (三) 資本金の分別計理 / p93
  • 第三節 払込剰余金の意義 / p103
  • 第四節 払込剰余金の源泉(その一)--資本増加に伴う払込剰余金-- / p105
  • 一 額面超過金・無額面株払込剰余金 / p105
  • 二 株式発行割引金--消極的払込剰余金 / p118
  • 三 合併差益 / p124
  • 四 失権剰余金等その他の払込剰余金 / p135
  • 第五節 払込剰余金の源泉(その二)--資本減少に伴う払込剰余金-- / p141
  • 一 減資差益 / p141
  • 二 株式償還益 / p149
  • 三 自己株式取得益 / p156
  • 四 自己株式贈与益 / p169
  • 第六節 資本減少に伴う払込剰余金の実体吟味 / p177
  • 第七節 払込剰余金の分別計理 / p189
  • 第二章 贈与資本-贈与剰余金 / p196
  • 第一節 贈与剰余金の性格 / p196
  • 第二節 贈与剰余金の源泉 / p200
  • 一 建設助成金・建設寄附金・工事負担金 / p200
  • 二 固定資産贈与益 / p206
  • 三 私財提供・債務免除益 / p209
  • 第三章 資本修正--評価替剰余金 / p211
  • 第一節 評価替剰余金の性格 / p211
  • 第二節 評価替剰余金の源泉 / p222
  • 一 特殊な場合の財産評価益 / p222
  • 二 再評価積立金 / p224
  • 三 貨幣価値変動に基づき生じた保険差益 / p225
  • 第四章 資本剰余金の減少 / p229
  • 第一節 総説 / p229
  • 第二節 資本剰余金の範躊別減少 / p234
  • 一 払込剰余金の減少 / p234
  • 二 贈与剰余金の減少 / p245
  • 三 評価替剰余金の減少 / p247
  • 第三節 資本剰余金の包括的減少 / p251
  • 第五章 留保利益 / p256
  • 第一節 留保利益の意義とその源泉 / p256
  • 第二節 利益留保のもつ意義 / p260
  • 第三節 留保利益の資本化 / p266
  • 第四節 留保利益の区分 / p272
  • 第五節 留保利益の減少 / p276
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 資本会計 : 資本会計の理論
著作者等 丹波 康太郎
書名ヨミ シホン カイケイ : シホン カイケイ ノ リロン
シリーズ名 新会計学全書
出版元 中央経済社
刊行年月 1957
ページ数 280p
大きさ 22cm
NCID BN08141216
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57013074
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想