労働価値論の研究

岸本誠二郎 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 經濟學における價値論 / p1
  • 一 種々なる經濟學の統一
  • 二 價値論の必要
  • 三 限界效用價値學說の吟味
  • 四 價値の質的規定
  • 價値の量的規定
  • 第二章 アダム・スミスの價値學說 / p34
  • 一 『國富論』における價値論の位置
  • 二 價値の基本的規定
  • 三 價値の量的規定
  • 四 價値分解論
  • 五 價値合成論
  • 第三章 リカアドの價値學說 / p71
  • 一 リカアドの時代と價値論
  • 二 價値の規定
  • 三 投下勞働價値學說
  • 四 價値修正論
  • 五 價値尺度と貨幣
  • 六 自然價格と市場價格
  • 七 分配論と價値論
  • 第四章 リカアド以後の價値學說 / p138
  • 第一節 マルサスの價値學說 / p140
  • 一 價値の原因
  • 二 價値の尺度
  • 三 リカアド對マルサス
  • 第二節 ジェームス・ミルの價値學說 / p163
  • 一 生產費による價値規定
  • 二 價値と利潤
  • 第三節 マカロックの價値學說 / p173
  • 一 使用價値と交換價値と眞實價値
  • 二 價値と賃金の影響
  • 三 價値と利潤の影響
  • 第四節 ジョン・スチュアート・ミルの價値學說 / p199
  • 一 價値の一般的規定
  • 二 生產費と賃金・利潤・地代
  • 第五節 葡萄酒の價値論爭 / p216
  • 一 問題提起と諸家の見解
  • 二 マルクスの解決
  • 第六節 價値論におけるリカアドよりマルクスへ / p229
  • 一 勞働價値學說の二段階
  • 二 ホヂスキンの價値論
  • 三 一匿名氏とレヴンストーン
  • 四 價値論におけるリカアドとマルクスの異同點
  • 五 兩者の異同の決定點
  • 第七節 ロートベルトウスの價値學說 / p267
  • 一 價値と價値尺度
  • 二 賃料と價値問題
  • 三 過剰生產
  • 四 ロートベルトウスとマルクス
  • 第五章 勞働價値學說批判の吟味 / p293
  • 一 價値を決定する勞働の性質
  • 二 價値と平均利潤の形成との關係
  • 三 價値法則の妥當する時代
  • 四 社會的必要勞働
  • 五 價値と差額地代の形成との關係

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 労働価値論の研究
著作者等 岸本 誠二郎
書名ヨミ ロウドウ カチロン ノ ケンキュウ
シリーズ名 経済学選書
出版元 有斐閣
刊行年月 1951
ページ数 360p
大きさ 22cm
NCID BN08140494
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
51004647
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想