脳死と心臓移植

和田寿郎 著

心臓移植は、アジアを含めて二万例近く行われているのに、脳死臨調の答申が出て、八ヶ月過ぎても何もできない事実。患者さんや身内の方は、どんな気持ちで、日本医療を見つめているのだろう。二五年の沈黙を破り、いまここに熱く問いかける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 臓器移植。山積されたままの問題
  • 第2章 人命が法律より優先
  • 第3章 心臓移植を決意するまで
  • 第4章 日本で初めての心臓移植
  • 第5章 患者本位を教えたアメリカの医学
  • 第6章 これでは日本の患者は救われない

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳死と心臓移植
著作者等 和田 寿郎
書名ヨミ ノウシ ト シンゾウ イショク
書名別名 あれから25年
出版元 かんき
刊行年月 1992.9
ページ数 222p
大きさ 20cm
ISBN 4761253657
NCID BN08140075
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93037526
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想