現代の国家と財政の理論

島恭彦 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 資本主義の国家と経済 / p1
  • 一、自由主義段階の国家と経済 / p1
  • 二、十九世紀イギリスの実態 / p10
  • 第二章 国家独占資本主義の理論 / p19
  • 一、レーニンの国家独占資本主義論 / p19
  • 二、戦後日本の国家独占資本主義論 / p25
  • 三、戦後国家独占資本主義論の展開 / p28
  • 第三章 現代資本主義と官僚制 / p39
  • 一、現代資本主義の思想としての「官僚制」 / p39
  • 二、生産力の発展からみた「官僚制」 / p44
  • 三、資本主義の危機と「官僚制」 / p52
  • 第四章 現代国家の機能-その増大と変化 / p59
  • 一、国家の機能を測定する尺度 / p59
  • 二、米英における政府雇用の増大と変化 / p66
  • 三、軍事雇用の質的変化 / p73
  • 第五章 戦後日本の軍隊と軍事費 / p80
  • 一、戦後日本の政府雇用の軍隊 / p80
  • 二、軍事力増強の傾向とその特徴 / p86
  • 三、戦後軍事予算の特徴 / p91
  • 四、防衛計画と軍事生産の自立化過程 / p96
  • 第六章 現代の財政政策とその理論 / p102
  • 一、管理経済と財政 / p102
  • 二、フィスカル・ポリシーの理論 / p110
  • 三、政府雇用の経済的帰結 / p117
  • 第七章 租税と再分配 / p121
  • 一、利潤の「社会化」と国民所得の再分配 / p121
  • 二、現代における租税の公平 / p127
  • 三、利潤の課税と利潤の費用化 / p136
  • 四、イギリスにおける所得の再分配 / p141
  • 第八章 財政投資と経済構造の変化 / p150
  • 一、投資の「社会化」と財政投資 / p150
  • 二、西ドイツの財政投資 / p161
  • 三、日本の財政投資 / p165
  • 第九章 現代地方財政の構造と機能 / p174
  • 一、中央集権と地方財政 / p174
  • 二、地域的不均等と地域的再分配 / p181
  • 三、地方財政問題の位置づけ / p192
  • 第十章 財政問題をめぐるブルジョア民主主義と現代民主主義 / p198
  • 一、資本主義国家と民主主義 / p198
  • 二、予算制度の変貌と民主主義の危機 / p205
  • 三、財政問題に対する民主主義の課題 / p214
  • 補論 現代資本主義の分析視角 / p225
  • 一、資本主義と社会主義 / p225
  • 二、技術革新と設備投資 / p227
  • 三、国家独占資本主義 / p233
  • 四、むすび-平和共存の問題 / p237
  • 参考文献 / p241

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代の国家と財政の理論
著作者等 島 恭彦
書名ヨミ ゲンダイ ノ コッカ ト ザイセイ ノ リロン
書名別名 Gendai no kokka to zaisei no riron
出版元 三一書房
刊行年月 1960
版表示 第2版
ページ数 244p
大きさ 22cm
NCID BN07226368
BN08139994
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60005201
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想