フィールドワーク : 書を持って街へ出よう

佐藤郁哉 著

ざわめく街の死角へ、異文化の深みへと潜入し、文化という複雑な現象を、その生成の場から解きほぐす、"技"としてのフィールドワーク。その背景にある考え方から、方法・技法・情報整理のツールまで、魅惑的なキーワードで生き生きと説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに フィールドワークに向く人、向かない人
  • 1 フィールドワークとは何か?
  • 2 フィールドワークの論理
  • 3 フィールドワークの実際
  • 4 ハードウェアとソフトウェア

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フィールドワーク : 書を持って街へ出よう
著作者等 佐藤 郁哉
書名ヨミ フィールドワーク
書名別名 Firudowaku
シリーズ名 ワードマップ
出版元 新曜社
刊行年月 1992.9
ページ数 234, 16p
大きさ 19cm
ISBN 4788504286
NCID BN08128717
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93000491
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想