源通親

橋本義彦 著

本書は通親の生涯の足跡をたどり、できるだけ正確な全体像を描く。また改元定、院殿上定など儀式制度の内容にも具体的に触れ、当時の宮廷生活を垣間見させる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1 村上の源氏
  • 第2 朝廷出仕
  • 第3 朝政参議
  • 第4 源平争乱の渦
  • 第5 天下草創の秋
  • 第6 院近臣の歩み
  • 第7 朝幕関係の新展開
  • 第8 源博陸
  • 第9 続発する都下騒擾
  • 第10 栄光の晩年
  • むすび-通親以後
  • 附 久我源氏中院流家領と通親

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 源通親
著作者等 日本歴史学会
橋本 義彦
書名ヨミ ミナモト ノ ミチチカ
書名別名 Minamoto no michichika
シリーズ名 人物叢書 新装版
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1992.10
版表示 〔新装版〕
ページ数 232p
大きさ 19cm
ISBN 4642051961
NCID BN08120147
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93001660
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想