レトリック認識

佐藤信夫 著

古来、心に残る名文句は、特異な表現である場合が多い。思考において論理がすべてではなく、言語も文法だけでは律しきれない。論理と文法の手にあまる言語表現の多彩な機能-黙説、転喩、逆説、反語、暗示など、レトリックのさまざまを具体例によって検討し、独創的な思考のための言語メカニズムの可能性を探る。在来の西欧的レトリック理論の新しい光をあてた『レトリック感覚』に続く注目の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 認識のかたちとしてのレトリックの<あや>
  • 第1章 黙説あるいは中断
  • 第2章 ためらい
  • 第3章 転喩あるいは側写
  • 第4章 対比
  • 第5章 対義結合と逆説
  • 第6章 諷喩
  • 第7章 反語
  • 第8章 暗示引用

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 レトリック認識
著作者等 佐藤 信夫
書名ヨミ レトリック ニンシキ
書名別名 Retorikku ninshiki
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1992.9
ページ数 301p
大きさ 15cm
ISBN 406159043X
NCID BN08117302
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93000894
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想