テキストと実存 : ランボー マラルメ サルトル 中原と小林

平井啓之 著

ランボー、マラルメ、ベルクソン、サルトルらの作品を読み解く著者の目差しは、時の敵対しあうかに見える作家・思想家のテキスト間に、主題体系の共有という思いがけない<関係>を見出す。それは現代思想の最も重要な「差異」の生産としての<読むこと-書くこと>の実践であり、「間テキスト性」から人間了解の深みへと斬りこむ身振りであった。猖獗する「様々な意匠」の祖述者の群れから一頭地を抜く独創的論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ランボー
  • 2 マラルメ
  • 3 サルトル
  • 4 中原中也と小林秀雄
  • 5 翻訳における<了解>の問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 テキストと実存 : ランボー マラルメ サルトル 中原と小林
著作者等 平井 啓之
書名ヨミ テキスト ト ジツゾン
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1992.9
ページ数 397p
大きさ 15cm
ISBN 4061590413
NCID BN08116922
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93001094
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想