パヴロフ学説入門 : 大脳生理と精神活動

ヴァツーロ 著 ; 住宏平 訳

付: 読者のための参考書247-253p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 目次
  • 序 柘植秀臣
  • 著者のまえがき
  • 第一章 無条件反射および条件反射 / p7
  • 第二章 実験室における条件反射の研究 / p31
  • 第三章 中枢(皮質)的制止 / p47
  • 第四章 高次神経活動の基本法則 / p59
  • 第五章 睡眠 / p71
  • 第六章 分析器 / p81
  • 第七章 大脳皮質の分析‐綜合的活動 / p90
  • 第八章 かくれている機能状態 / p100
  • 第九章 大脳両半球の活動における体系性(動的ステレオタイプ) / p121
  • 第一〇章 高次条件反射および無関刺戟の間の一時的結合の形成 / p130
  • 第一一章 条件反射、一時的結合および連合 / p136
  • 第一二章 チンパンジーの高次神経活動 / p142
  • 第一三章 ゲシタルト心理学とそれに対するパヴロフの批評 / p164
  • 第一四章 動物および人間の高次神経活動の共通のタイプ / p198
  • 第一五章 二つの皮質信号系 / p225
  • 訳者のあとがき / p242
  • <附>
  • 読者のための参考書 / p247
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 パヴロフ学説入門 : 大脳生理と精神活動
著作者等 Vatsuro, E. G.
Vatsuro, Erazm Grigor'evich
住 宏平
ヴァツーロ
書名ヨミ パヴロフ ガクセツ ニュウモン : ダイノウ セイリ ト セイシン カツドウ
出版元 明治図書
刊行年月 1963
ページ数 253p 図版
大きさ 19cm
NCID BN08113436
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63005117
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想