安心して食べたい : 生産現場を歩く  上 (食肉・卵・野菜)

南日本新聞社社会部 編著

飽食の時代といわれる今日、生鮮食料は四季を通じて手に入るし、加工食品の鮮やかな色が食欲をそそる。しかし、野菜に旬がなくなった事、最高級といわれる霜ふり肉、安定供給される魚貝類、安価な卵・鶏肉。これらには訳がある…。私たちが毎日口にする食べ物はこうしてつくられている。生産現場を丹念に見て歩いた迫真のレポート。第七回「農業ジャーナリスト賞」受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 飽食の代償(急増するアトピー
  • 大地の恵み
  • 野菜とミネラル
  • 現代の方舟
  • 食品添加物
  • 食品行政
  • 棄農
  • 土壌消毒剤
  • 生物濃縮
  • 分解する農薬
  • 安全の関所
  • 不安の受け皿
  • 生産者・消費者互いのエゴを超えて)
  • 第2部 どうぶつ飼育工場(盲信
  • 内臓廃棄
  • 抗生物質
  • 放し飼い
  • エサ法
  • 休薬期間
  • 清浄豚
  • フン尿
  • 庭先飼い
  • 残飯利用
  • 濡れ子
  • ホルモン
  • 和牛輸出
  • 垂直統合
  • ワクチン
  • 産卵機械
  • 赤玉信仰
  • 配合飼料
  • 食鳥処理
  • 斃獣
  • 殺菌・滅菌
  • 輸入肉
  • 輸入依存
  • 自然卵
  • 防波堤
  • 黒豚復権
  • 有畜農業
  • 確立したい健康銘柄)
  • 第3部 大地からの警告(シグナル
  • 輸入農産物
  • 大鼓判
  • ヤラレタ
  • 安全性
  • 収量減
  • 過ぎたるは…
  • 農薬開発
  • 元農薬会社員
  • 病む土
  • 挑戦
  • 防除暦
  • 基準づくり
  • 消費者エゴ
  • いのち
  • 安全は理解の中から)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 安心して食べたい : 生産現場を歩く
著作者等 南日本新聞社
南日本新聞社社会部
書名ヨミ アンシンシテ タベタイ
書名別名 食肉・卵・野菜

Anshinshite tabetai
巻冊次 上 (食肉・卵・野菜)
出版元 光雲社
刊行年月 1992.7
ページ数 220p
大きさ 19cm
ISBN 4795273022
NCID BN08110697
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92056383
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想