大学におけるデータベース利用教育システムに関する調査研究

高度情報化社会を迎え大学教育の現場ではどのようにデータベース利用教育がなされているかまとめた全国初の実態調査報告書。教育環境整備やカリキュラム・データベース利用教授方法の立案、図書館での利用指導や企業でのサーチャー養成教育まで幅広い指針に。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 調査研究の概要
  • 2 アンケート調査について
  • 3 ヒヤリング調査について
  • 4 文献調査について
  • 5 受入側から見た「データベース利用教育」(Information Gatekeeperとしてのサーチャーの必要性
  • 企業におけるデータベース利用教育の目標
  • 企業でのデータベース利用教育に必要な内容
  • 企業におけるサーチャー教育の実施例
  • 大学における「データベース利用教育」への期待)
  • 6 提言「データベース利用教育」の在り方について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大学におけるデータベース利用教育システムに関する調査研究
著作者等 日外アソシエーツ
書名ヨミ ダイガク ニ オケル データベース リヨウ キョウイク システム ニ カンスル チョウサ ケンキュウ
出版元 日外アソシエーツ
刊行年月 1992.9
ページ数 128p
大きさ 30cm
ISBN 4816911537
NCID BN0810650X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93005137
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想