明治大正農村経済の変遷

高橋亀吉 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 維新後の農業發展と其原因 / 3
  • 第一節 維新後農業發展の根因 / 4
  • (A) 總括觀 / 4
  • (B) 海外貿易の解放と我が農業 / 6
  • (C) 鐵道其他の交通機關の發達と我が農業 / 10
  • (D) 歐米の農業科學及技術の輸入と我が農業 / 17
  • (E) 内地商工業の發達と我が農業 / 21
  • 第二節 維新後の地主の解放と農業經濟の發展 / 26
  • (A) 維新後の農業發展と地主の役割 / 26
  • (B) 維新の土地制度改正と地主の資本家化 / 30
  • (イ) 維新の土地改革と地主の資本家化 / 30
  • (ロ) 小作人の依然たる貧困及小作料の騰貴 / 37
  • (C) 維新の地租改正による地主負擔の著減 / 40
  • (イ) 地租改正による直接の地主負擔の輕減 / 40
  • (ロ) 米價の騰貴に由る地主の地租負擔の輕減 / 46
  • 第三節 維新後に於ける農業發展の樣式 / 60
  • (A) 農産の増加 / 61
  • (B) 農業の分化と多樣化 / 66
  • 第二章 日露戰後の農村經濟の停頓來と其原因 / 72
  • 第一節 日露戰後農村經濟の停頓期に轉入せる理由 / 72
  • (A) 農村經濟の停頓來と其原因の總體觀 / 72
  • (B) 海外農産輸入品の壓迫 / 79
  • (C) 我が工業の對内的發展の行詰 / 86
  • (D) 土地の兼併と農業効率の低下 / 91
  • 第二節 我が經濟の資本主義化と農村 / 105
  • (A) 農家自給自足經濟の解體とその彌縫對策としての副業の普及 / 105
  • (B) 農家副業の工場化と分化 / 111
  • 第三節 農業に於ける地主の機能喪失 / 121
  • (A) 地主の遊食階級化と其の任務の放棄 / 121
  • (B) 地主の非農民化と農村資金の涸渇 / 127
  • 第四節 農村政策の錯誤 / 139
  • (A) 總體的觀察 / 139
  • (B) 農村の租税負擔の激増 / 142
  • (イ) 耕地の租税負擔と地主及農業との歴史的關係 / 142
  • (ロ) 農村租税負擔の激増 / 148
  • (ハ) 農村公課加重の意味 / 156
  • (C) 農業金融政策的を逸す / 165
  • 第三章 歐洲戰後の農村經濟の行詰 / 176
  • 第一節 歐洲戰爭に由る不自然なる農村の繁榮と其の反動 / 176
  • 第二節 歐洲戰後の耕作單本位農業の行詰と其對抗策としての自滅的現象 / 183
  • (A) 農業戸數及田畑面積の減少 / 184
  • (B) 法酬遞減法則の壓迫出現 / 192
  • (C) 農業内容の單一化 / 198
  • 第三節 歐洲戰後の農村行詰と其對抗策としての建設的現象 / 209
  • (A) 小作料遞減運動の勃興 / 210
  • (イ) 小作料の騰貴時代より低下時代へ / 210
  • (ロ) 農民組合運動の勃興 / 214
  • (ハ) 小作爭議の激増と其の原因 / 217
  • (ニ) 歐洲戰後の小作料の低下 / 222
  • (B) 副業の本業化と機械化 / 225
  • (イ) 交換經濟に對する農家の順應 / 225
  • (ロ) 副業の集中化と本業化 / 227
  • (ハ) 副業の機械化と本業化 / 233
  • (C) 從來の農業方法の變化 / 238
  • (イ) 農家副業の本業化と耕作地位低下の傾向 / 238
  • (ロ) 農業の新粗笨化傾向 / 242
  • (ハ) 農村の機械化傾向 / 247
  • (ニ) 新農業種類の發達傾向 / 251
  • 第四章 我が農村經濟改造の方向 / 255
  • 第一節 耕作中心農業の行詰と其轉換 / 256
  • (A) 耕作農業行詰事情と其轉換の方向 / 256
  • (B) 工耕、耕牧、工牧耕經濟の發達 / 266
  • 第二節 交換經濟の發達と農村經濟の對抗 / 280
  • (A) 交換經濟の發達と農村經濟 / 280
  • (B) 農村振興策としての交易組織の改造 / 283
  • (イ) 交換經濟に對する農村對應策としての各種産業組合の發達 / 284
  • (ロ) 交換經濟に對する農村對應策としての公營及社會管理運動 / 286
  • 第一附録 資料
  • 第一 田租改革建議(明治三年)神田孝平 / 3
  • 第二 田租改革建議(明治五年)陸奥宗光 / 8
  • 第三 政府の地租改正事情 / 10
  • 第四 地租改正條件の骨子 / 17
  • 第五 地租税率變遷表 / 19
  • 第六 地租附加税最高率變遷表 / 23
  • 第七 副業の非副業化と其の確保策(農商務省技師 津田武雄) / 25
  • 第八 農家の家計調査(農務局調査) / 27
  • 第九 農村振興の方策(帝國經濟會議答申案) / 32
  • 第十 第四十九議會に於ける農村振興に關する建議案 / 34
  • 第十一 農業奬勵規則 / 37
  • 第十二 開墾助成法 / 39
  • 第十三 米穀法及米穀法運用に關する政府の聲明 / 41
  • 第十四 小作調停法 / 43
  • 第十五 自作農創設維持補助規則 / 50
  • 第十六 小作法案 / 55
  • 第十七 共同耕作組合規定の一例(岡山縣下に於ける) / 74
  • 第二附録 農業年表 / 91~105
  • 第三附録 統計
  • 1 重要農産品關係品輸出入總括表 / 108~109
  • 2 輸出重要農産關係品内容表 / 110~111
  • 3 輸入重要農産關係品内容表 / 112~113
  • 4 一毛作中等田反當小作料比較表 / 114
  • 5 二毛作中等田反當小作料比較表 / 115
  • 6 明治十八年調各府縣小作料比較表 / 116
  • 7 地租國税の地方税累年比較表 / 117
  • 8 地租改正(明治六年)結果府縣別新舊比較表 / 118~119
  • 9 各種農産物の作付段別五ヶ年平均比較表 / 120~121
  • 10 内地各種主要農産物作付段別割合表 / 122~123
  • 11 生産金額より見たる農業内容の位地 / 124~125
  • 12 收獲高より見たる農業内容の推移表 / 126~127
  • 13 作付段別より見たる農業内容の推移表 / 128~129
  • 14 穀價と其他物價との比較 / 130~131
  • 15 食料品類別需給價格表 / 132~133
  • 16 食料品品別需給數量表 / 134~135
  • 17 食料品品別需給數量表 / 136~137
  • 18 銀行資本及預金總計累年表 / 138
  • 19 特殊銀行資本及預金累年表 / 139
  • 20 普通銀行、貯蓄銀行、郵便貯金資本及預金累年表 / 140~141
  • 21 會社拂込資本總額に對する大類別業別比例 / 142
  • 22 道府縣歳入大類別表 / 143
  • 23 中央財政租税收入大類別表 / 144~145
  • 24 町村歳入大類別表 / 146
  • 25 五ヶ年移動平均米及大麥生産及段當收獲高表 / 147
  • 26 五ヶ年移動平均麥類生産及反當收獲高表 / 148~149
  • 27 五馬力以内農業用石油發動機及電動機普及状况 / 150~151
  • 28 各國土地利用面積表 / 152~153
  • 29 本邦土地利用状況府縣別表 / 154~155
  • 第四附録 本文挿入統計索引 / 157~163
  • 第五附録 本文引用書目 / 164~156

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 明治大正農村経済の変遷
著作者等 高橋 亀吉
東洋経済新報社研究部
書名ヨミ メイジ タイショウ ノウソン ケイザイ ノ ヘンセン
書名別名 Meiji taisho noson keizai no hensen
出版元 東洋経済新報社出版部
刊行年月 大正15
ページ数 165p
大きさ 19cm
NCID BN08091785
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
43052838
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想