家族心理学入門

岡堂哲雄 編

本書前半部では家族心理学に特徴的なシステムズ・アプローチの基本的枠組みについて考察し、中間部では結婚や家族関係にかかわる心理的問題の分析と解説がなされる。また終わりの3章では、家族関係への心理臨床的方法や心理援助的介入について概説される。現代家族の心理的問題を学ぶのに好適なテキスト・参考書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 家族心理学の課題と方法
  • 家族の心理構造
  • 家族の心理過程
  • 夫婦関係の心理
  • 親子関係の心理
  • きょうだい関係の心理
  • 親子孫‐多世代関係の心理
  • 家族ライフ・コースと発達段階
  • 恋愛と配偶者の選択
  • 父性・母性とペアレンティング
  • 児童虐待と子ども・家族・社会
  • 夫婦間暴力と家族心理
  • 子どもの家庭内暴力と家族心理
  • 子どもの自殺と家族心理
  • 子どもの非行化と家族心理
  • 子どもの神経症・人格障害と家族心理
  • ミドル・エイジ夫婦の心理的危機
  • 老年期夫婦の心理的危機
  • 家族関係の心理査定
  • 家族関係への心理臨床的介入

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族心理学入門
著作者等 岡堂 哲雄
書名ヨミ カゾク シンリガク ニュウモン
出版元 培風館
刊行年月 1992.9
ページ数 261p
大きさ 21cm
ISBN 4563055786
NCID BN0809105X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92067332
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想