音楽と生活

兼常清佐 [著] ; 杉本秀太郎 編

兼常清佐は日本のすぐれた音楽美学者である。神秘なこと、不合理なこと、曖昧なことを極度にきらい、常にアイロニカルな調子で日本文化を批判する長短とりどりの文章を発表した。そうした兼常に、長年にわたって敬愛の念を抱く編者が、49篇を精選・編集して一本とした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 名人滅亡
  • 音楽の合理化
  • 音楽界の迷信
  • 音楽の芸術化
  • お前の音楽をやれ
  • 「ピアニスト無用論」
  • 久野女史をいたむ
  • 楽人の自殺〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音楽と生活
著作者等 兼常 清佐
杉本 秀太郎
書名ヨミ オンガク ト セイカツ
書名別名 兼常清佐随筆集

Ongaku to seikatsu
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1992.9
ページ数 371p
大きさ 15cm
ISBN 400331901X
NCID BA36746993
BN08088372
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93007029
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想