未熟児

山内逸郎 著

今やわずか398グラムの未熟児が無事に育つようになった。だがそこに至るには一医師の生涯をかけた厳しいドラマがある。小さな命を救うための苦闘は小児医療に大きな役割を果たしてきた。未熟児保育のパイオニアとして最前線を突き進んできた著者が、40年間を振り返り、母乳の重要性や新生児のケアのしかた、優しさの意味などを語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 398グラムの未熟児
  • 1 未熟児保育事始め
  • 2 トップレベルの未熟児施設をめざして
  • 3 人工乳から母乳へ
  • 4 技術革新の導入
  • 5 未熟児保育の今後
  • 6 未熟児に特有な疾患
  • 終章 赤ちゃんにとっての「やさしさ」とは

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 未熟児
著作者等 山内 逸郎
書名ヨミ ミジュクジ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1992.9
ページ数 227p
大きさ 18cm
ISBN 4004302455
NCID BN08079655
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93010593
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想