食文化の中の日本と朝鮮

鄭大声 著

鮨・酒・豆腐・漬物から厨房道具の数々まで、日本人の食生活の基本をなす食物、食習慣、食文化の多くが、朝鮮半島に古い起源をもつ。その深い絆と交流史を掘り起こす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 日本と朝鮮にみる食文化の交流
  • 1 厨房道具のルーツ
  • 2 すしのルーツ
  • 3 酒のルーツ
  • 4 漬物のルーツ
  • 5 ニンニクのルーツ
  • 6 豆腐のルーツ
  • 7 陶磁器のルーツ
  • 8 トウガラシのルーツ
  • 8 朝鮮人参のルーツ
  • 10 朝鮮通信使の往来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食文化の中の日本と朝鮮
著作者等 鄭 大声
書名ヨミ ショクブンカ ノ ナカ ノ ニホン ト チョウセン
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1992.9
ページ数 225p
大きさ 18cm
ISBN 4061491164
NCID BN08071314
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93000486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想