激動期の国際経済

羽鳥敬彦 編

20世紀を終わろうとする今日、世界は激動の時代を迎えている。戦後国際経済の軌跡を辿り、米国、日本、EC、旧社会主義諸国、発展途上諸国の新局面を考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 今日の国際経済をどう捉えるか
  • 第1章 戦後国際経済の展開
  • 第2章 現代アメリカ経済の光と影
  • 第3章 「経済大国」日本の国際的位置
  • 第4章 EC統合の新展開
  • 第5章 社会主義経済の破綻とシステム転換
  • 第6章 南北関係の変容

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 激動期の国際経済
著作者等 羽鳥 敬彦
書名ヨミ ゲキドウキ ノ コクサイ ケイザイ
書名別名 Gekidoki no kokusai keizai
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1992.9
版表示 3版
ページ数 272p
大きさ 19cm
ISBN 4790704378
NCID BN08055464
BN12531597
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92060087
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想