エコロジー : 起源とその展開

アンナ・ブラムウェル 著 ; 金子務 監訳

エコロジー思想は正義の味方、全能の神か?二十世紀思想史において-大潮流を形成したこの思想の知られざるルーツをあきらかにし、多様な展開を克明にあとづけることによって、そのヨーロッパ的特性を考察する気鋭の学者による話題作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 エコロジーの政治理論(序論
  • マニ教的なエコロジスト)
  • 第2部 エコロジーの歴史(生物学と全体論
  • エネルギー経済学
  • コミューンとコミュナード
  • 北ヨーロッパへの回帰
  • エコロジズムの文学
  • 総称的ファシズム・エコロジズムは存在したのか?)
  • 第3部 エコロジーはドイツ病か?(森の冷気
  • シュタイナーとの関わり)
  • 第4部 ニュー・エイジ(緑と赤と反核教徒
  • エコロジズムの政治経済学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エコロジー : 起源とその展開
著作者等 Bramwell, Anna
大槻 有紀子
森脇 靖子
金子 務
ブラムウェル アンナ
書名ヨミ エコロジー
書名別名 Ecology in the 20th century
出版元 河出書房新社
刊行年月 1992.9
ページ数 400, 58p
大きさ 20cm
ISBN 4309241387
NCID BN08055078
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92066221
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想