和算の歴史 : その本質と発展

平山諦 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 序説 / p1
  • 第二章 毛利重能の割算書 / p5
  • 1 盛んだった数学 / p8
  • 2 最後の算書「割算書」 / p9
  • 3 そろばんの伝来 / p11
  • 第三章 吉田光由の塵劫記 / p13
  • 1 塵劫記の出版 / p15
  • 2 遺題承継と算額 / p18
  • 第四章 関孝和 / p24
  • 1 孝和を生んだ時代 / p25
  • 2 孝和の業績 / p31
  • 3 輝かしい孝和 / p43
  • 第五章 円理の発見者・建部賢弘 / p45
  • 1 綴術算経 / p47
  • 2 暦術の研究 / p51
  • 3 中根元圭 / p53
  • 第六章 松永良弼と久留島義太 / p55
  • 1 円理の進歩 / p58
  • 2 奇才・久留島義太 / p62
  • 第七章 山路主住 / p67
  • 1 有馬頼徸の拾璣算法 / p72
  • 第八章 安島直円と藤田貞資 / p75
  • 1 円理二次綴術 / p81
  • 2 精要算法と神壁算法 / p85
  • 第九章 本多利明と会田安明 / p92
  • 1 貞資・安明の論戦 / p97
  • 第十章 日下誠と内田五観 / p103
  • 1 内田五観 / p107
  • 2 法道寺善の算変法 / p110
  • 3 長谷川寛・弘 / p112
  • 第十一章 円理の完成者・和田寧 / p117
  • 1 白石長忠 / p123
  • 2 斎藤宜長・宜義父子 / p125
  • 3 和算の花 / p129
  • 第十二章 田中由真と鎌田俊清 / p132
  • 1 田中由真と井関知辰 / p134
  • 2 鎌田俊清の円理 / p140
  • 第十三章 諸流派 / p144
  • 1 関流の免許制度 / p157
  • 第十四章 和算の性格 / p159
  • 1 秘密主義であったか / p167
  • 第十五章 暦算書の出版 / p174
  • 1 元和・寛永から宝永・正徳まで / p174
  • 2 享保から天明まで / p182
  • 3 寛政から慶応まで / p187
  • 4 和算の名著 / p190
  • 5 算書の出版費と部数 / p194

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 和算の歴史 : その本質と発展
著作者等 平山 諦
書名ヨミ ワサン ノ レキシ : ソノ ホンシツ ト ハッテン
シリーズ名 日本歴史新書
出版元 至文堂
刊行年月 1961
ページ数 198p 図版
大きさ 19cm
NCID BN04678115
BN08049905
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
61006181
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想