熊野修験

宮家準 著

修験道は、熊野修験の影響を受けて組織化された諸霊山や山伏が、教派修験に再編され、里修験化しながら展開していった。しかし修験道史の中枢をなす熊野修験は未だ体系的に論じられていない。本書は、新出史料により熊野修験が最も活況を呈した中世に焦点を当てて、その思想と儀礼、成立、展開、各地での活動を跡づけたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1 熊野三山の成立と展開
  • 第2 熊野修験の思想と儀礼
  • 第3 熊野の荘園
  • 第4 熊野の先達と檀那
  • 第5 熊野権現の伝播
  • 第6 熊野修験の展開
  • 熊野修験関係略年表

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 熊野修験
著作者等 宮家 準
書名ヨミ クマノ シュゲン
シリーズ名 日本歴史叢書 48
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1992.9
ページ数 315, 5p
大きさ 20cm
ISBN 4642065482
NCID BN08037699
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92068206
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想