岩波講座現代の物理学  第12巻

大貫 義郎;鈴木 増雄;柏 太郎【著】

本書は、経路積分法の基礎から応用までを、素粒子論と物性論の両面から統一的に解説する。前半では、通常の量子力学を出発点に経路積分を正準量子化から導き、場の量子論への適用をはかる。後半では、代数的一般化と量子モンテカルロ法など最新の成果を盛り込みつつ、物性物理への応用を述べる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 経路積分表示
  • 2 摂動論とWKB法
  • 3 一般化への道
  • 4 場の理論への適用
  • 5 量子モンテカルロ法
  • 6 代数的一般化
  • 7 物性物理の諸問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 岩波講座現代の物理学
著作者等 大貫 義郎
柏 太郎
江沢 洋
鈴木 増雄
書名ヨミ イワナミ コウザ ゲンダイ ノ ブツリガク
書名別名 経路積分の方法
巻冊次 第12巻
出版元 岩波書店
刊行年月 1992.9
版表示 第2刷
ページ数 214p
大きさ 22cm
ISBN 400010442X
NCID BN08025747
BN14933412
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93006795
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
経路積分の方法 大貫 義郎
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想