日本企業の配当政策

森脇彬 編

キャピタル・ゲインからインカム・ゲイン重視の時代へ。バブル崩壊により証券市場の再構築がまたれる今、株主・投資家の立場にたった配当政策のあり方をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 今なぜ配当と配当政策をとりあげるのか
  • 第1部 配当政策論の歴史と配当政策の現状(配当政策論の歴史
  • 配当政策の現状
  • 赤字有配と黒字無配)
  • 第2部 企業財務からみた配当政策(配当の基礎理論
  • 企業財務における配当の意味
  • 企業連結グループと配当)
  • 第3部 証券市場からみた配当(公開会社の持分と配当
  • 株主からみた配当の意味
  • 株価と配当
  • 米国の株式分割と配当)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本企業の配当政策
著作者等 森脇 彬
津村 英文
書名ヨミ ニホン キギョウ ノ ハイトウ セイサク
出版元 中央経済社
刊行年月 1992.7
ページ数 184p
大きさ 22cm
ISBN 4502317837
NCID BN08023479
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92055998
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想