ゲーテ以後

上村清延 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序 / 3
  • 獨逸文學に於ける合理主義と非合理主義 / 11
  • 序說 / 11
  • 一 文藝復興と「バロック」文學 / 21
  • 二 啓蒙主義と獨逸精神の學醒 / 25
  • 三 希臘主義の反動(獨逸古典主義の本質) / 36
  • 四 獨逸精神の確立(浪漫主義の本質) / 46
  • 五 「若き獨逸國」と合理主義 / 60
  • 六 寫實主議の眞相 / 70
  • 七 現代獨逸文學の諸潮流 / 81
  • 八 結論 / 95
  • 新浪漫主義とは何ぞや / 99
  • 表現主義の主潮 / 123
  • 世界戰爭以後の獨逸文學 / 149
  • 一 戰後文學の二大潮流 / 149
  • 二 人道主義の文學 / 152
  • 三 新興國民文學 / 161
  • 表現主義の詩人フランツ・ウェルフェル / 177
  • 一 靑年期 / 181
  • 二 過渡期 / 188
  • 三 圓熟期 / 200
  • 四 ウェルフェルの近業 / 214
  • ゲーテの古典主義 / 221
  • 一 序說 / 221
  • 二 早期古典主義 / 227
  • 三 ゲーテの擬古主義 / 246
  • 四 獨逸古典主義の完成 / 266
  • 參考書及び引用書目錄 / 287

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ゲーテ以後
著作者等 上村 清延
書名ヨミ ゲーテ イゴ
書名別名 Gete igo
出版元 白水社
刊行年月 昭12
ページ数 297p
大きさ 22cm
NCID BN08013522
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46051266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想