積みすぎた箱舟

ジェラルド・ダレル [著] ; 浦松佐美太郎 訳

近年はイギリス・ジャージー島に自分の動物園を作り、絶滅に瀕した野生動物の保護活動を続けている世界的に著名な動物学者ダレルの、西アフリカ・カメルーン密林における若き日の小動物観察記。動物に寄せる溢れんばかりの愛情、原住民の生活・習俗におよぶ見事な洞察、密林の美しさを謳いあげる的確な自然描写。自然を愛し、自然と一体化するナチュラリストとして現代屈指の存在ダレルの最高傑作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 幕の開く前
  • 真昼の密林
  • 深夜の密林
  • 噛みついた化石
  • 獣を持って来た人
  • 太鼓と踊り
  • 蛇と鳥
  • アンワンティボ
  • エンダ・アリ山にて
  • 魔法の力
  • チャムレイの生涯
  • 湖の中の部落
  • 箱舟の出発

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 積みすぎた箱舟
著作者等 Durrell, Gerald
浦松 佐美太郎
Durrell Gerald M.
ダレル ジェラルド M.
書名ヨミ ツミスギタ ハコブネ
書名別名 The overloaded ark

カメルーン動物記

Tsumisugita hakobune
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1992.8
ページ数 358p
大きさ 15cm
ISBN 4061590383
NCID BN07969883
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92062556
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想