バイオエシックス

フランソワ・ダゴニェ [著] ; 金森修, 松浦俊輔 訳

アリストテレスの自然哲学が内包する<自然主義>を、さまざまな科学思想的文脈に根ざしながら乗り超えようとする試み。脳死、臓器移植、あるいは代理母などという、医学や生物学の発展が必然的に随伴する諸問題・現代社会の諸矛盾を考える上での原点を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自然主義という障害
  • 第2章 差異の論理
  • 第3章 再生機構の性質と法則
  • 第4章 植物工場
  • 第5章 人為的出産

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バイオエシックス
著作者等 Dagognet, François
松浦 俊輔
金森 修
Dagognet Francois
ダゴニェ フランソワ
書名ヨミ バイオ エシックス
書名別名 La maîtrise du vivant

生体の統御をめぐる考察

Baio eshikkusu
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 374
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1992.7
ページ数 310p
大きさ 20cm
ISBN 4588003747
NCID BN07969180
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92064989
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想