植木枝盛 : 民権青年の自我表現

米原謙 著

自由民権期の輝かしい理論家の1人で、板垣退助のブレーンとして活躍した植木枝盛は、今後歿100年にあたるが、その短い波瀾の生涯を、同郷の中江兆民、馬場辰猪、小野梓とのかかわりをも交えて描く。とくに本書は、維新の混乱の中で失われたアイデンティティを求めた枝盛の苦闘と、伝統思想に依拠しつつ西洋の新しい民主主義思想を受け容れ、ラジカルな思想形成を行なった枝盛の心的過程と自我表現とに新たな光を照射する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 青少年時代
  • 第2章 立志社の活動家として
  • 第3章 民権運動の広がりのなかで
  • 第4章 自由党での活動
  • 第5章 帰郷
  • 終章 少壮政治家として

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 植木枝盛 : 民権青年の自我表現
著作者等 米原 謙
書名ヨミ ウエキ エモリ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1992.8
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 4121010868
NCID BN07967196
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93002833
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想