福祉社会学

大嶋謙一 著

「福祉社会」という言葉が叫ばれて久しいが、未だにその理念や概念が不透明である。それは社会経済の問題に限らず、個人や家族という混沌とした対象を網羅しなければならないからである。本書は日常生活を省察する人間中心主義に依拠した総合的社会学の構築をめざす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 現代福祉社会の諸問題(現代福祉社会の不満要因
  • 北海道におけるボランティア活動の現状と課題
  • 戦後わが国における身体障害者の処遇
  • 生活保護法の成立と現状)
  • 第2部 現代日本の社会保障(戦後わが国の社会保障制度の整備
  • 経済計画と社会保障制度の充実
  • 行財政改革と社会保障制度の改革)
  • 第3部 現代日本の福祉社会思想(いくつかの福祉国家論
  • 福祉社会論の登場)
  • 第4部 福祉社会学の構築(福祉社会の構想
  • 福祉社会の構築)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 福祉社会学
著作者等 大嶋 謙一
書名ヨミ フクシ シャカイガク
書名別名 新しい社会学を求めて

Fukushi shakaigaku
出版元 新評論
刊行年月 1992.7
ページ数 300p
大きさ 22cm
ISBN 4794801386
NCID BN07966863
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92056068
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想