腸管系ウイルス

新宮正久 著

[目次]

  • 内容
  • はじめに / p1
  • ウイルスとは / p4
  • A. 植物ウイルスと動物ウイルス / p4
  • B. 細菌ウイルス / p5
  • C. ウイルスの核酸と蛋白 / p6
  • D. ウイルスの4つの特性 / p6
  • 腸管系ウイルスとは / p9
  • ピコルナウイルスに属する4つのウイルス群 / p9
  • ポリオウイルス Porio virus / p11
  • A. 研究の歴史 / p11
  • B. 一般性状 / p14
  • C. 抵抗性 / p19
  • D. 抗原性 / p23
  • E. 動物実験と宿主域 / p26
  • F. 培養 / p27
  • G. 細胞レベルでのポリオウイルスの増殖 / p37
  • H. ポリオ感染細胞の形態的変化 / p46
  • I. ポリオウイルスによる神経細胞の変化 / p47
  • J. 変異 / p47
  • K. 毒力とは / p60
  • L. 感染経路と発病機転 / p68
  • M. 臨床症状 / p75
  • N. 臨床検査所見 / p78
  • O. ウイルス学的,血清学的検査 / p79
  • P. 疫学 / p88
  • Q. 予防 / p106
  • R. 治療 / p150
  • コクサッキーウイルス Coxsackie virus / p153
  • A. 研究の歴史 / p153
  • B. 一般性状 / p154
  • C. 抵抗性 / p156
  • D. 抗原性 / p156
  • E. 実験動物と宿主域 / p158
  • F. 培養 / p159
  • G. 変異 / p160
  • H. 感染経路と発病機転 / p161
  • I. 臨床病型 / p162
  • J. ウイルス学的,血清学的検査 / p166
  • K. 疫学 / p169
  • L. 今後の問題点について / p172
  • エコーウイルス ECHO virus / p174
  • A. 研究の歴史 / p174
  • B. 一般性状 / p178
  • C. 抵抗性 / p179
  • D. エコーウイルスの型 / p179
  • E. 抗原性 / p182
  • F. 赤血球凝集素 / p184
  • G. 宿主域と実験動物 / p186
  • H. 組織培養 / p186
  • I. 変異 / p188
  • J. 臨床病型 / p191
  • K. ウイルス学的,血清学的検査 / p192
  • L. 疫学 / p204
  • M. 今後の問題について / p210
  • あとがき / p219
  • 索引 / p221

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 腸管系ウイルス
著作者等 新宮 正久
書名ヨミ チョウカンケイ ウイルス
シリーズ名 中外医学双書
出版元 中外医学社
刊行年月 1964
ページ数 235p (図版共)
大きさ 18cm
NCID BN07965623
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64009548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想