歴史としての社会主義

和田春樹 著

東欧革命とソ連邦解体によって、ロシア革命が切り拓いた国家社会主義のシステムはついに終焉の時を迎えた。この歴史的な大転換はいったい何を意味するのか。ペレストロイカの展開を見守ってきた歴史家が、マルクス主義の成立にまで遡りながら、社会主義の思想・運動・体制の歴史を批判的に見直し、世界史における社会主義の運命を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 モスクワ1992年
  • 2 近代西欧のユートピア
  • 3 マルクス主義の強さと弱さ
  • 4 世界戦争の時代とロシア革命
  • 5 新しい文明か-スターリンの帝国
  • 6 第2次大戦から冷たい戦争へ
  • 7 抵抗の社会主義-バルカンとアジア
  • 8 世界戦争の時代の終り
  • 9 国家社会主義の終り
  • 10 新しいユートピアはあるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史としての社会主義
著作者等 和田 春樹
書名ヨミ レキシ ト シテノ シャカイ シュギ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1992.9
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 4004302390
NCID BN07965532
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93006573
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想