死刑廃止論

団藤重光 著

この二年余、日本では、死刑の執行が一件もなかった。しかも、治安のよさは世界的に定評がある。今や社会的にも、死刑廃止の条件は、ほぼ揃ったといってよい。いよいよ死刑廃止に踏み切る時がきた。死刑廃止条約をまだ批准していない日本の姿勢が、世界の注目を浴びている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 死刑廃止を訴える(ふたたび死刑廃止を訴える)
  • 第2部 死刑廃止を考える(誤判の構造
  • 殺人罪と死刑-「目には目を」の問題
  • 内乱罪と死刑
  • 死刑廃止論の思想的系譜
  • 私の刑法理論と死刑廃止論
  • いわゆる<死刑廃止条約>について)
  • 第3部 死刑についての二、三の省察

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死刑廃止論
著作者等 団藤 重光
書名ヨミ シケイ ハイシロン
書名別名 Shikei haishiron
出版元 有斐閣
刊行年月 1992.7
版表示 改訂版.
ページ数 289, 11p
大きさ 20cm
ISBN 4641041202
NCID BN07959733
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92061410
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想