労働とリズム

カール・ビュヒァー 著 ; 高山洋吉 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 自然民族の勞働の仕方 / 3
  • 第二章 勞働の律動的形成 / 21
  • 第三章 作業歌 / 36
  • 第四章 作業歌の各種 / 54
  • 第一節 個人勞働と共同勞働 / 54
  • (a) 粉挽歌 / 54
  • (b) 紡織歌 / 73
  • (c) 紡織歌、編細工歌 / 88
  • (d) 水汲歌 / 109
  • (e) 家事歌 / 114
  • (f) 職人歌 / 122
  • (g) 摘歌 / 130
  • (h) 人體を對象とする勞働の際の歌 / 141
  • (i) 動物に對し、若しくは動物を用ひてする勞働の際の歌 / 146
  • 第二節 交互拍節の勞働 / 174
  • 第三節 同時拍節の勞働 / 186
  • (a) 建築材料運搬の際の歌 / 187
  • (b) ニュージーランドのトトワカ歌 / 193
  • (c) 發掘の際の歌 / 197
  • (d) 苦力歌 / 201
  • (e) 荷物運搬人夫の歌 / 207
  • (f) 荷揚歌 / 212
  • (g) 地撞歌 / 222
  • (h) 鋤牽歌 / 246
  • (i) 船曳歌 / 248
  • (k) 船頭歌(Chanties) / 252
  • (l) 船漕歌 / 259
  • 結語 / 272
  • 附録 附録 北アメリカ合衆國に於けるネグロの作業歌 / 275
  • A 宗教的作業歌 / 280
  • B 野良歌 / 282
  • C 野良歌(Korn‐Holler) / 284
  • D 木棉畑の耙耕の際 / 285
  • E 棉花摘の歌 / 286
  • F 材木を轉がしたり持上げたりする際 / 287
  • G 船舶勞働者の歌 / 288
  • H 鐵道建設の際 / 289
  • I 船荷を積む際 / 291
  • K 建築勞働の際 / 291
  • L 洗濯女の歌 / 293
  • 第五章 多衆を結合する(特に招請勞働の際に於ける)ための作業歌 / 297
  • 1. アフリカの諸民族 / 301
  • 2. 支那人その他の東亞人 / 307
  • 3. ジョルジア人 / 313
  • 4. パレスティナ、小アジア及びエジプトから / 326
  • 5. バルカン半島、ルーマニア / 333
  • 6. ロシア人の作業歌 / 342
  • 7. エーストラント人及びレッテン人 / 346
  • 8. その他の諸國の歌 / 352
  • 結語 / 359
  • 第六章 遊戯その他の肉體運動のための歌 / 363
  • 第七章 詩及び音樂の起源 / 407
  • 第八章 婦人の勞働及び婦人の作詩 / 444
  • 第九章 經濟的發展原則としてのリズム / 462
  • 附録(船歌) / 489
  • 索引 / 513
  • 譯者の言葉 / 535

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 労働とリズム
著作者等 Bücher, Karl
高山 洋吉
カール・ビュヒァー
書名ヨミ ロウドウ ト リズム
書名別名 Arbeit und Rhythmus
出版元 第一
刊行年月 昭和19
ページ数 536p 図版
大きさ 22cm
NCID BN07914065
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46023426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想