よくある神経症状の局在診断学 : 神経経路の起始と終末

Duane E.Haines 著 ; 日高隆信, 塩島俊也 訳

本書は神経解剖学的な構造と伝達路とを図を豊富にした理解しやすい形式で示し、一連の重要な神経症候との関連を明らかにしている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 脊髄
  • 2 延髄
  • 3 橋
  • 4 中脳
  • 5 小脳
  • 6間脳,視覚系,基底核,内包,大脳皮質

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 よくある神経症状の局在診断学 : 神経経路の起始と終末
著作者等 Haines, Duane E
塩島 俊也
日高 隆信
木下 真男
書名ヨミ ヨクアル シンケイ ショウジョウ ノ キョクザイ シンダンガク
書名別名 Correlative neuroanatomy
出版元 メディカル・サイエンス・インターナショナル
刊行年月 1992.3
ページ数 118p
大きさ 26cm
ISBN 4895920607
NCID BN07912387
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92040557
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想