比較宗教哲学への道程

小山宙丸 著

[目次]

  • 序論 切支丹の受容と拒否をめぐる試論
  • 第1部 宗教哲学の諸問題(現実否定の性格についての試論-仏教とキリスト教
  • 道徳の善と宗教の善
  • キリスト教の倫理
  • 原罪
  • カトリシズムの精神)
  • 第2部 比較宗教哲学の試み(比較思想研究の基盤-文献学的と哲学的
  • ギリシア的思惟の特質
  • 自然科学の性格の理解のために-ギリシア宗教・キリスト教との関連において
  • ヘブライズムの伝統とモーゼス・マイモニデス
  • ヨーロッパ中世の特異性とその思惟の特質
  • 宗教哲学と神学-ヘブライズムとヘレニズムの交渉)
  • 第3部 明治期における宗教葛藤(北村透谷の宗教観
  • 内村鑑三の宗教観
  • 内村鑑三におけるキリスト教と科学の受容
  • 内村鑑三の仏教観
  • 綱島梁川の宗教観)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 比較宗教哲学への道程
著作者等 小山 宙丸
書名ヨミ ヒカク シュウキョウ テツガク エノ ドウテイ
出版元 早稲田大学出版部
刊行年月 1992.7
ページ数 344, 26p
大きさ 22cm
ISBN 4657927019
NCID BN07904527
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93021372
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想