中世文学論  鎌倉時代篇

永積安明 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 戰爭文學の傳統 序にかへて
  • 第一部 論説篇
  • 方丈記序論 / 3
  • 徒然草の論理構造 / 19
  • 徒然草覺え書 / 31
  • 實朝に於ける萬葉調の問題 / 35
  • 新古今和歌集論稿 / 48
  • 中世歌風の歴史的意義 / 66
  • 中世説話集序説 / 75
  • 中世説話集の系譜 / 91
  • 平家物語に關する基礎的覺え書 / 103
  • 平家物語論稿 / 120
  • 第二部 書誌篇
  • 異本長明發心集について / 135
  • 長明發心集考 / 142
  • なよ竹物語について / 184
  • 古今著聞集傳本考 / 188
  • 跋 / 237

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 中世文学論
著作者等 永積 安明
書名ヨミ チュウセイ ブンガクロン
巻冊次 鎌倉時代篇
出版元 日本評論社
刊行年月 昭和19
版表示 [改版]
ページ数 242p
大きさ 21cm
NCID BN07901201
BN10268694
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46024981
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想