概説ドイツ史 : 現代ドイツの歴史的理解

望田幸男, 三宅正樹 編

わが国近代化の最大の教師であったドイツ、統一を求めつつ分裂の悲劇をくり返してきたドイツ。私たち日本人にとってドイツとは何であろうか-。本書は近代ドイツ史の重要な論点を掘り下げるとともにヒトラーの第三帝国や分裂ドイツとその再統一を詳論するなど、"現代ドイツの歴史的理解"という視座から波瀾にみちたドイツ史の特質を鮮やかに浮き彫りにした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ドイツ史における国境の条件
  • 第1編 近代ドイツの諸相(プロテスタンティズムとルター主義
  • 中央党とカトリシズム
  • 家族と女性と教育
  • 農業とユンカー
  • 工業と企業家
  • 社会民主党と労働者・中間層
  • 軍隊と社会と国民
  • ドイツの思想と知識人
  • ビスマルク体制からヴェルサイユ体制へ)
  • 第2編 ナチズムと第三帝国(第三帝国の社会史
  • 第三帝国と「過去の克服」)
  • 第3編 ドイツの分裂と再統一(東西ドイツの分裂
  • 西ドイツの歩み
  • 東ドイツの歩み
  • 東西軍事機構の対立と和解
  • EC、西ドイツ、統一ドイツ
  • 統一ドイツの夢と現実)
  • 終章 ドイツ史と日本-日独関係の歴史(1639〜1945年)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 概説ドイツ史 : 現代ドイツの歴史的理解
著作者等 三宅 正樹
望田 幸男
書名ヨミ ガイセツ ドイツシ
シリーズ名 有斐閣選書
出版元 有斐閣
刊行年月 1992.7
版表示 新版.
ページ数 372, 14p
大きさ 19cm
ISBN 4641181802
NCID BN07896917
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92054461
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想