群像日本の作家  23

大岡信 [ほか]編

東大在学中「奇妙な仕事」でデビュー、常に時代の課題と直面し、文学的前衛として新たな領域を拓く大江健三郎。四国の深い<森のフシギ>から発光する宇宙的想像力の翼を駆って織りなされる死と再生の<神曲>の世界。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 大江健三郎アルバム
  • 小説を今書くこと-大江健三郎の軌道
  • 作家論(現代文学における「性の追求」
  • 眼の背後の暗闇
  • 深い竪穴の世界
  • 大江健三郎における性の意味
  • 無力感について-大江健三郎と現代
  • 最近の大江健三 ほか)
  • ひと(大江健三郎氏のこと
  • 語りつくせぬもの
  • 河馬 ほか)
  • 生原稿で作品を読む 『懐かしい年への手紙』最終章
  • 文芸時評の評価
  • 作家に聞く 対談・私の文学(大江健三郎
  • 秋山駿)
  • 作品論(大江健三郎著「われらの時代」
  • 叙事詩の構想による人間把握-『万延元年のフットボール』
  • 小説の時空-『ピンチランナー調書』
  • 『懐かしい年への手紙』
  • 「悲しみは物みなを親密にする」-『人生の親戚』を読む ほか)
  • 文学紀行
  • 出発点として(十年の歳月
  • 新しい作家達 ほか)
  • さまざまの照明(「雨の木」の下で-大江健三郎
  • 欄外の私的な註若干-大江健三郎「万延元年のフットボール」 ほか)
  • 大江健三郎の作品
  • 代表作ガイド
  • 大江健三郎年譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 群像日本の作家
著作者等 ミヨシ マサオ
大岡 信
マサオミヨシ
書名ヨミ グンゾウ ニホン ノ サッカ
書名別名 大江健三郎

Gunzo nihon no sakka
巻冊次 23
出版元 小学館
刊行年月 1992.8
版表示 5刷
ページ数 375p
大きさ 20cm
ISBN 4095670231
NCID BN07888293
BN12333312
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92060645
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
大江健三郎 マサオ・ミヨシ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想