にっぽん音吉漂流記

春名徹 著

14か月後、北米に漂着、米船で江戸湾に送還されたが砲撃を受け帰国できず、その後のほとんどを上海で過ごした一日本人-その数奇な生涯を少ない資料から浮び上がらせることによって、幕末外交に新たな光を当てる。大宅壮一ノンフィクション賞受賞作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 幻の日本人
  • 第1章 宝順の丸の漂流
  • 第2章 太平洋のむこう側
  • 第3章 漂民と通商
  • 第4章 木綿と福音
  • 第5章 ハジマリノカシコイモノ
  • 第6章 日本の首都へむかって
  • 第7章 孤帆残照
  • 第8章 異境からの手紙
  • 第9章 風にむかって舵輪をとる者たち
  • 第10章 英国軍艦上の「中国人」
  • 第11章 もう一つの漂流
  • 第12章 通訳官オトー
  • 終章 単に望郷の想いではなく

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 にっぽん音吉漂流記
著作者等 春名 徹
書名ヨミ ニッポン オトキチ ヒョウリュウキ
書名別名 Nippon otokichi hyoryuki
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論社
刊行年月 1988.11
ページ数 374p
大きさ 16cm
ISBN 4122015685
NCID BN07883700
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89010646
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想