血の婚礼

ガルシーア・ロルカ 作 ; 牛島信明 訳

20世紀スペイン最大の詩人・劇作家ガルシーア・ロルカ表題作に「イェルマ」「ベルナルダ・アルバの家」を加え、彼の最高傑作とされる三つの戯曲を収めた。アンダルシーアという土地の霊と因習がもたらす宿命的な業に苦悩しながらも、他ならぬその苦脳によって浄化されている女たちを描いて<悲劇>の情念がいま甦える。

「BOOKデータベース」より

20世紀スペイン最大の詩人・劇作家ガルシーア・ロルカ(1898‐1936)。表題作に「イェルマ」「ベルナルダ・アルバの家」を加え、彼の最高傑作とされる三つの戯曲を収めた。アンダルシーアという土地の霊と因習がもたらす宿命的な業に苦悩しながらも、他ならぬその苦悩によって浄化されている女たちを描いて「悲劇」の情念がいま甦える。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 血の婚礼
著作者等 García Lorca, Federico
牛島 信明
Lorca Federico Garc'ia
Lorca Federico Garcia
ロルカ F.ガルシーア
ロルカ ガルシーア
書名ヨミ チ ノ コンレイ
書名別名 他二篇 三大悲劇集
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1992.7
ページ数 362p
大きさ 15cm
ISBN 400327301X
NCID BN07880021
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92060839
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 スペイン語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想