日本人の葬儀

新谷尚紀 著

知人の死を知らされて、葬儀に参列する。死者をあの世へ送る一連の儀式…この儀礼のひとつひとつに隠された意味とは何か。日本の各地で古来より、毎日のように執り行われてきた葬送の儀礼にも、近代化と都市化の波が押し寄せ、自由葬や散骨といった新しい葬儀方法、葬儀をとりしきる葬儀屋、墓の問題などが、取り沙汰されている。本書は、日本人の葬儀の歴史的変遷、日本各地に長く伝えられてきた葬送・墓制の実際とその意味を詳述することを通して、私たちの死生観や他界観、民俗的心性を明らかにしようとする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 現代人の死-序にかえて
  • 1 葬儀の深層(葬送儀礼
  • 米の霊力
  • 火とケガレ
  • 生と死と水辺の石)
  • 2 葬儀の歴史(古代天皇の葬送と殯宮
  • 平安貴族の葬送儀礼
  • 中世の葬儀
  • 近世の葬送習俗)
  • 3 他界への憧憬(盆に来る霊
  • 人を神に祀る風習
  • 儀礼と他界観
  • 花いちもんめ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人の葬儀
著作者等 新谷 尚紀
書名ヨミ ニホンジン ノ ソウギ
書名別名 Nihonjin no sogi
出版元 紀伊国屋書店
刊行年月 1992.7
ページ数 361p
大きさ 20cm
ISBN 4314005793
NCID BN07878416
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92060244
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想