いま日本人であること

宮田光雄 著

世界史が音をたてて動き、地球環境の悪化が急速に進む今日、日本人はどのように生きるべきか。政治学者として、またキリスト者として、著者は、民主主義の精神を踏まえ、教育・宗教・人権・平和問題を原点から問い直す。日本人の精神構造を<影>の部分からとらえ、21世紀に向けて<持つ>文明の価値観を超える新しい生き方をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 私は何ものか-アイデンティティの探究
  • 1 いま日本人であること
  • 2 希望としての教育-若き教師たちへ
  • 3 国家と宗教を考える-比較思想史の視点から
  • 4 原理としての人権-韓国民主化闘争に連帯するために
  • 5 国を守るとは何か
  • 6 新しい生き方を求めて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いま日本人であること
著作者等 宮田 光雄
書名ヨミ イマ ニホンジン デ アル コト
書名別名 Ima nihonjin de aru koto
シリーズ名 同時代ライブラリー 118
出版元 岩波書店
刊行年月 1992.7
ページ数 295p
大きさ 16cm
ISBN 4002601188
NCID BN07877661
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92061366
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想