立憲改進党の活動と思想

安在邦夫 著

本書は1882年4月に結成された立憲改進党の活動と思想について考察し、活動に関する部分を第1部、思想についての部分を第2部として整理・叙述したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 立憲改進党研究史・研究の現状と課題
  • 第1部 立憲改進党の活動(立憲改進党系政社の成立と動向
  • 立憲改進党の地域的基盤
  • 田中正造の立憲改進党認識と地域組織化の動向
  • 小野梓の地方遊説
  • 福島・喜多方事件と立憲改進党)
  • 第2部 立憲改進党の思想(立憲改進党の国家構想
  • 沼間守一の政体構想と政治認識
  • 激化事件と『東京横浜毎日新聞』の論調)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 立憲改進党の活動と思想
著作者等 安在 邦夫
書名ヨミ リッケン カイシントウ ノ カツドウ ト シソウ
書名別名 Rikken kaishinto no katsudo to shiso
シリーズ名 歴史科学叢書
出版元 校倉書房
刊行年月 1992.6
ページ数 302p
大きさ 22cm
ISBN 4751721801
NCID BN07866279
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21612530
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想