歴史のこわさと面白さ

中村政則 著

日本はいつから皇国日本へとむかったのか。いつだったら戦争をふせぐことができたのだろう。個々人の思いをこえ、時代の大きなうねりや激流に翻弄された昭和の歴史。歴史の意外な展開を検証しつつ、世界が激動するいま、私たちに選択できることは何かを考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 激動の世界と歴史学
  • 歴史における革命と改革
  • 民衆と歴史
  • "聞き書き"と歴史学
  • 自己認識による地域史
  • 餅なし正月の謎を追う
  • いつだったら戦争はふせげたか
  • 日本再生物語

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史のこわさと面白さ
著作者等 中村 政則
書名ヨミ レキシ ノ コワサ ト オモシロサ
書名別名 Rekishi no kowasa to omoshirosa
シリーズ名 ちくまプリマーブックス 64
出版元 筑摩書房
刊行年月 1992.3
ページ数 198p
大きさ 19cm
ISBN 4480041648
NCID BN07848051
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92038466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想