大東京の思想

芳賀登 著

都市近代化の思想とは何か?江戸・東京との持続のうえで、生活のリサイクルと文化のリサイクルの間をつなぐ遊びの精神によつて支えられていた大都市の思想を問い直す。繁栄と荒廃の両極を形成する巨大都市東京に故郷を復権させるための歴史学からの問題提起。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 東京のくらしと思想
  • 第1章 巨大都市東京の成立-なぜに繁栄したか
  • 第2章 都市の中の地方史-江戸とつながる東京を中心に
  • 第3章 一国の首都東京の文化
  • 第4章 東京と大東京
  • 第5章 大東京の思想-他者志向と関連させて
  • 第6章 東京地域の拡大-地域概念の拡大の一例
  • 結章 人間の住む都市らしさを求めて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大東京の思想
著作者等 芳賀 登
書名ヨミ ダイトウキョウ ノ シソウ
出版元 雄山閣
刊行年月 1992.6
ページ数 328p
大きさ 22cm
ISBN 4639010982
NCID BN07847729
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92053120
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想