さいころ

増川宏一 著

歴史の波動を超えて転がり続けた<さいころ>の社会史。占具、遊戯・賭博用具。遊戯の補助具としての役割を各時代・社会に位置づけ、木の実や踝骨から立方体への変遷をあとづける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに さいころのイメージ
  • 1 さいころと人類史(伝承の世界のさいころ
  • 祭儀の中のさいころ
  • さいころ進化論序説
  • 神判から遊戯・賭博へ
  • さいころ賭博の隆盛)
  • 2 さいころの日本史(普及と考案
  • 攤=儀式か賭博か
  • さいころ賭博の定着
  • 変動する社会と博徒
  • 軍国日本のさいころ)
  • おわりに-さいころの過去と未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 さいころ
著作者等 増川 宏一
書名ヨミ サイコロ
シリーズ名 ものと人間の文化史 70
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1992.7
ページ数 355, 3p
大きさ 20cm
ISBN 4588207016
NCID BN0783874X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92066491
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想