外国人留学生とのコミュニケーション・ハンドブック : トラブルから学ぶ異文化理解

大橋敏子 ほか著

大学教職員、日本語教師、保証人、家主、自治体職員、ボランティアなどが日常ぶつかるさまざまなトラブルを通じて心の「国際化」を考える。異文化と日本文化を考え、理解するための文化アシミレーター。巻末資料も貴重。質問用紙付き。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「考えておきます」-「イエス」か「ノー」か
  • 空から冷たいものが-洗濯物を干したら…
  • 「アンニョンハシムニカ」-親切な理解者とあてにされて
  • 講演を頼まれたけど…-はっきり言わないのが日本人の美徳?
  • ゴム・タイム?-なぜ、時間におおようなのか
  • 日光を見ても結構ではなかった-どうして一緒に行動できないのか
  • 15人前のパエリャを平らげるには-来ないなら来ないと最初から言ってよ
  • 「日本語がおじょうずですね」-外国人が日本語をしゃべれば…
  • 「ガイジンだから…」-同じ人間ですヨ
  • 頭のよくない人かしら…-思ったことが言えないと〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 外国人留学生とのコミュニケーション・ハンドブック : トラブルから学ぶ異文化理解
著作者等 大橋 敏子
横田 雅弘
堀江 学
秦 喜美恵
近藤 祐一
書名ヨミ ガイコクジン リュウガクセイ トノ コミュニケーション ハンドブック
出版元 アルク
刊行年月 1992.5
ページ数 179p
大きさ 21cm
ISBN 4872341252
NCID BN0782959X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93011831
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想