宗教が甦るとき

阿満利麿 著

明治の「廃仏きしゃく」から靖国問題まで、神道国教化政策によって日本人の正しい宗教認識の基盤が失われ、さらに高度成長期以降ふるさと喪失によって人々の「宗教心」はうきただよい始める。本書は、自己の体験をふまえ、現代人に受容可能な"宗教"を模索する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 よるべなき時代
  • 第2章 つくられた神道
  • 第3章 宗教的感情
  • 第4章 私にとって宗教とはなにか
  • 付・<宗教性>の時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宗教が甦るとき
著作者等 阿満 利麿
書名ヨミ シュウキョウ ガ ヨミガエル トキ
書名別名 Shukyo ga yomigaeru toki
出版元 毎日新聞社
刊行年月 1986.3
ページ数 228p
大きさ 20cm
NCID BN07826514
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86030570
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想