近代日本の形成と宗教問題

中央大学人文科学研究所 編

[目次]

  • 1 浦上キリシタン弾圧問題(宣教師の再渡来とキリスト教-幕末の浦上切支丹問題
  • 長崎裁判所の浦上教徒処分案をめぐって
  • 唐通事による『和解万国公法』)
  • 2 明治国家と宗教(長崎における神仏分離政策-諏訪神社・大徳寺・安禅寺を中心に
  • 明治新政府のキリスト教政策
  • 府県創設期の宗教問題-明治初年の日光県を中心にして
  • 明治初期の公文書紀年書式と神武紀元の制定)
  • 3 宗教問題と対外関係(岩倉使節と宗教問題
  • 明治32年改正条約実施とキリスト教界)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本の形成と宗教問題
著作者等 中央大学人文科学研究所
原田 博二
太田 淑子
安岡 昭男
松尾 正人
武山 眞行
清水 紘一
高橋 昌郎
松崎 彰
書名ヨミ キンダイ ニホン ノ ケイセイ ト シュウキョウ モンダイ
書名別名 Kindai nihon no keisei to shukyo mondai
シリーズ名 中央大学人文科学研究所研究叢書 9
出版元 中央大学出版部
刊行年月 1992.6
ページ数 341, 5p
大きさ 22cm
ISBN 4805742011
NCID BN07826048
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92054419
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想