オリンピックの政治学

池井優 著

オリンピックは魔物である。選手たちにとって、オリンピックで金メダルを獲得することは、世界新記録を打ち立てるより価値があるかもしれない。国家にとっても、メダルの数は国力の反映である。国家指導者は、自国選手の活躍に酔う国民の興奮を、容易にナショナリズムの高揚へと誘導した。オリンピックには、人種問題、分断国家、テロ、国威発揚など国際政治のあらゆる要素が含まれている。オリンピックを追うことは、政治の一角を追うことでもある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 近代オリンピックの開始
  • 第2章 日本のオリンピック初参加
  • 第3章 東洋オリンピックと「満州国」参加問題
  • 第4章 「前畑ガンバレ…」-ベルリン大会の光と影
  • 第5章 幻のバルセロナ人民オリンピック
  • 第6章 「民族の祭典」とリーフェンシュタール
  • 第7章 「紀元2600年」-幻の東京オリンピック
  • 第8章 日本不参加のロンドン大会
  • 第9章 東京オリンピック-24年目の悲願、日本晴れの開会式
  • 第10章 人種問題、テロリズムとオリンピック
  • 第11章 分断国家とオリンピック
  • 第12章 一番安上がりな対米協力-モスクワ大会ボイコット
  • 第13章 名古屋は何故敗れたか-1988年ソウル大会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オリンピックの政治学
著作者等 池井 優
書名ヨミ オリンピック ノ セイジガク
シリーズ名 丸善ライブラリー 53
出版元 丸善
刊行年月 1992.6
ページ数 224p
大きさ 18cm
ISBN 4621050532
NCID BN07821747
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92052341
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想