シュルレアリスムという伝説

飯島耕一 著

はるかブルターニュにシュルレアリスムの淵源を辿り、その発展と衰亡の軌跡を検証しつつ、この特異な芸術=思想運動を広く20世紀思想史の只中に位置づける。バタイユ、レヴィ=ストロース、ラカン、瀧口修造、土方巽を視野に収めた、見晴らしのよい、刺戟的なシュルレアリスム展望。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ロレーヌとブルターニュ
  • 2 現代のグノーシスとコミュニスムの魔力
  • 3 催眠術・フロイト・レヴィ・ストロース
  • 4 シャトー街とブロメ街 あるいは反ブルトンの詩人たち
  • 5 蜃気楼<フアタ・モルガナ> マルチニック島 ニューヨーク
  • 6 戦後のパリフカン アルトー
  • 7 シャルル・フーリエへのオードと土方巽の無意識の探求そしてマルクス兄弟の笑い

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シュルレアリスムという伝説
著作者等 飯島 耕一
書名ヨミ シュルレアリスム ト ユウ デンセツ
出版元 みすず書房
刊行年月 1992.6
ページ数 294p
大きさ 20cm
ISBN 462204238X
NCID BN07818334
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92054128
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想