幼き物語

箙田鶴子 著

学究肌で生きるに不器用な父、美しく慈しみぶかい母、いちばんの友である姉、賑やかな女中たち、食卓にのぼる好物、口ずさんだ歌、身のまわりのちいさな生きもの…。名作『神への告発』の著者が、少女期の暮らしの情景から自立を果すまでを、濃やかに、詩情ゆたかに描きだす、はじめての随筆集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • てんとう虫
  • たくあんのお姫様
  • 茶色の犬
  • 皐月とビオフェルミン
  • 茹で卵
  • 白いレギンスの汚れ
  • 「猫前のちゅう助」と「米の母」
  • 板チョコと豚まんじゅう
  • 岩おこしの思い出
  • 丹毒と眼鏡の女〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幼き物語
著作者等 箙 田鶴子
書名ヨミ オサナキ モノガタリ
出版元 晶文社
刊行年月 1992.4
ページ数 250p
大きさ 20cm
ISBN 4794960735
NCID BN07807349
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92042638
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想